読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々

色々やる所

スマート水筒で冬場の乾燥肌に潤いを

随分前に注文していたトラゴのスマート水筒が今日やっと届いた。これは、スマホと連動して、一日に飲むべき水分量とその摂取ペースを適切に指示管理してくれるという有難いデバイスだ。

f:id:eyezonly:20170116202930j:plain

ステンボトルは中国製のヘラ絞り加工。水筒としては申し分ない作りだが、表面のざらつきは日本製品にはあまり見られない粗さがある。とはいえ、スマートボトルの主役はキャップ部であり、ボトル本体など飾りにしか過ぎないので何も問題はない。

f:id:eyezonly:20170116202932j:plain

注文したのは去年の十月末。めちゃくちゃ待たされた…1セット$69.99。

f:id:eyezonly:20170116202929j:plain

ボトルの中に取説と電池が入っていた。

f:id:eyezonly:20170116202933j:plain

スマート水筒のメインであるボトルキャップはBluetoothでスマホと連動する。ボトルキャップ内部に水の残量を計測するセンサーが搭載されていて、水を飲むたびにその情報がリアルタイムでスマホへと送られる仕組みだ。

水を飲み忘れるとスマホに通知が来るらしいのだが、この品物が届いて間もない上に、嬉しさのあまり水をがぶ飲みしている状態なので、おそらく今晩のうちに通知が来ることはないだろう。どんな通知が来るのか楽しみだ。

f:id:eyezonly:20170116202935j:plain

トラゴ標準ボトルの説明。アメリカFDAのグレードが載っている。BPAフリーという記載もあるが、ステンボトルのみの説明なのか、樹脂製のキャップ込みの説明なのかよく分からない。とりあえず安心という事に違いはないのだが。

f:id:eyezonly:20170116202934j:plain

このキャップ部分に全ての機能が内蔵されている。トラゴの標準ボトル以外にも、キャメルバックナルゲンハイドロフラスクのボトルと組み合わせて使う事が出来る。

f:id:eyezonly:20170116202940j:plain

ここに電池を入れる。もちろん防水。電池は半年間ほど持続するらしい。

f:id:eyezonly:20170116202942j:plain

キャップ背面に2つ搭載されている青色LEDは、スマホとシンクロした時などに点滅する。届いたばかりでまだ詳しい動作は分からないが、水の飲み忘れ時などにスマホの通知と並行して光ったりするのかも知れない。光っていたら飲めよ的な感じで。そうでもなければこんなLEDは要らんしね。

f:id:eyezonly:20170116202943j:plain

スマホに専用アプリをダウンロードした後、取説に従って準備を進める。

f:id:eyezonly:20170116202938j:plain

アプリ起動。まずは新規アカウントを作る。

f:id:eyezonly:20170116202944p:plain

アプリがボトルキャップを認識。ボトルキャップというか、トラゴキャップと呼ぶらしい。

f:id:eyezonly:20170116202946p:plain

使用するボトルを選択。自分はトラゴオリジナルのボトルを使っているので、標準のまま次へ進む。

f:id:eyezonly:20170116202947p:plain

このアプリはfitbitやUNDER ARMOUR、そしてここには何故か表示されていないが、apple health、Google Fitと互換性がある。どれかのアカウントを持っていれば体型情報などが自動でトラゴアプリに引き継がれる感じか。

f:id:eyezonly:20170116202948p:plain

体型入力。フィートとかlbsとか全く分からんのでネットで変換して入力したのだが、よく見たら右側にメートル法の切り替え項目があるじゃないか。今気が付いた…

f:id:eyezonly:20170116202950p:plain

運動の種類を選択。これはいつでも変更できる。

f:id:eyezonly:20170116202952p:plain

運動頻度を入力。

f:id:eyezonly:20170116202953p:plain

運動負荷を選ぶ。呼吸量、汗が出始める時間?

f:id:eyezonly:20170116202954p:plain

運動中の汗の量。運動しまくっても汗をかかない人なんか居るんだろうか…

f:id:eyezonly:20170116202955p:plain

適切な水分摂取の為の通知をするかしないかの設定だと思う。これもいつでも簡単にオンオフ出来る。

f:id:eyezonly:20170116202957p:plain

あれこれ登録して、自分が一日に飲むべき水分量は112オンスだと言われた。

f:id:eyezonly:20170116202959p:plain

一日が円で表されている。時間が経過するごとにオレンジのゲージが延びていくのだが、これに沿って水を飲むことで、適切な水分補給が行える。

f:id:eyezonly:20170116203000p:plain

水を飲むとブルーのゲージが延びる。アプリを表示しながら水を飲むと、リアルタイムにブルーゲージが延びて面白い。オンス分からんので設定でミリリットル換算に変更した。

f:id:eyezonly:20170116203006p:plain

水を飲むべき量と実際に飲んだ量のグラフは週、月表示も可能。

f:id:eyezonly:20170116203007p:plain

たかが水を飲むだけでスマート水筒とかアプリとか、そんな大げさなっていう気もしないではないが、実際使ってみると、日頃の水の飲み方が実はいい加減で、そして慢性的に不足していたという事が分かって驚いた。

自分は乾燥肌で、冬場は酷いと化膿するほど肌が痛むので、このスマート水筒で肌荒れが少しでも緩和されるとありがたい。

夏場は作業着が塩まみれになるほど汗をかくので、水分と合わせて摂るべき塩分量なども管理してくれる水筒になればもっと嬉しいのだが…

トラゴに要望でも送ってみようかな。

アプリはグループ管理も出来るので、スポーツチーム全体の水分管理や、脱水症状が心配になる部活中の子どもや、お年寄りの生活管理なども手元で簡単に出来て便利かもしれない。

ポットで独り暮らしのお年寄りの水分管理を遠隔で行えるものもあったと思うが、スマート水筒なら更に便利な使い方が出来そうだ。

eyezonly.hatenablog.com

 

火曜日のスラムマサラ。チリパウダーは魂の16連射で

チタンめし

今日の昼休憩は久々にカレーを作った。

f:id:eyezonly:20161220190622j:plain

玉ねぎ人参は家で刻んできた。フードプロセッサー便利。それにしても玉ねぎの方が圧倒的に量が多いはずなのだが、人参の存在感が半端ない…

f:id:eyezonly:20161220190623j:plain

鶏ミンチ加熱。今日は面倒くさいのでクミンを油で加熱する作業は省いた。

f:id:eyezonly:20161220190626j:plain

野菜たち。

f:id:eyezonly:20161220190627j:plain

加熱を続ける。野菜から凄い量の水分が出てきた。ええ匂い。

f:id:eyezonly:20161220190628j:plain

これ入れる。

f:id:eyezonly:20161220190629j:plain

トマトペースト、ブイヨン、ローリエ、水を入れて煮る。

f:id:eyezonly:20161220190630j:plain

煮ている時間を利用して、スパイスを混合する。

f:id:eyezonly:20161220190631j:plain

まー、あれやこれや。どんどんぶちまけていく。分量は適当。私、スラム尼崎が混合したマサラという事で、これをスラムマサラと名付けて日々使用しているのである。

f:id:eyezonly:20160830184319j:plain

スパイス投入。

f:id:eyezonly:20161220190633j:plain

味見をしながらさらにスパイスを投入する。辛さが欲しいのでホットチリパウダーを怒涛の勢いでぶちまけた。穴が小さいから少量ずつしか出ないんだよな…

f:id:eyezonly:20161220190635j:plain

大体味が整ったので火からおろす。

f:id:eyezonly:20161220190636j:plain

次はナン。

f:id:eyezonly:20161220190624j:plain

ナンを焼く時はこのバーナーだとはかどる。ユニフレームのUS-Dというバーナー。

f:id:eyezonly:20161220190637j:plain

裏返したり

f:id:eyezonly:20161220190638j:plain

色々やってサクサクになるまで炙る。

f:id:eyezonly:20161220190640j:plain

スラムマサラ・チキンカレー完成。

f:id:eyezonly:20161220190641j:plain

んー旨い。インド産のホットチリパウダーが本当にホットでいい感じ。カレーは夏も旨いが冬でも旨い。

f:id:eyezonly:20161220190643j:plain

この手のカレーは白米よりナンのが合う。

f:id:eyezonly:20161220190642j:plain

二枚目もサクサクの仕上がり。

f:id:eyezonly:20161220190644j:plain

ちなみに今日の晩飯は、近所の名店ヤマブキのカツカレー大盛り。食べてる最中の写真で申し訳ないが…

f:id:eyezonly:20161220190645j:plain

カレーと言えばヤマブキ。ヤマブキといえばカレーなのだが、今日は俺がカツカレーを喰らっている間にも、あとから来店した客が次から次にカレーを頼んでいた。カツカレーは注文してから出てくるまでに少し時間がかかるのだが、普通のカレーライスならすぐ出てくるのがこれまた嬉しい。

ちなみに、自分の後ろの席に座っていたスーツのおっさんは、カレーライスと玉子丼を一人で注文していた。

欲張りなおっさんやな…

ん? ひょっとして…後ろのおっさんは、噂に聞く大食いのおっさんでは?

自分も吉野家では牛丼並x2が基本だし、マクドもビッグマックx3とポテトLx2でやっと満足できるかなといった人間なので、通常の一人前x2程度なら何も驚きはしない。

しかし違う。違うんだ。このおっさんは本物の大食いなのだ。

水を貰いに行くついでにこっそり姿をうかがったのだが、小柄なおっさんだった。50代前半くらいかな…

後輩の泉君から、大食いな常連の話は聞いていたのだが、勝手に巨漢をイメージしていたのでそのギャップに驚いた。

おっさんの何がすごいのか…

以前、泉君がヤマブキへ昼飯を食べに行った時、大食いおっさんが会計している所を見かけたそうだ。

おっさん「ごっつぉさん。おばちゃんいくら?」

おばちゃん「二千円ね。あんたさっきも食べに来たのに、ほんま、よー食べるなぁ」

おっさん「腹減って減って仕方ないんやわー(笑)」

10時頃に一度食べに訪れて、12時頃にまた二千円分のメシを食べに来ている凄いおっさんが居る。泉君からそう聞いていたのだが、まさか夕飯まであんなチョイスで楽しんでいるとは思いもしなかった。

ちなみにヤマブキで二千円の組み合わせとなると、わらじトンカツ定食千三百円、カツカレーの七百円が真っ先に思い当たるのだが、この組み合わせではないにしても、ただでさえ量が多いヤマブキのメシだ。

それが二千円分…想像を絶する量であることに違いはない。

まさかとは思ったが、15時頃にもまた食べに来ているらしい。

本物の大食いってのは世界が違う…

eyezonly360.hatenadiary.jp

eyezonly360.hatenadiary.jp

チキンビーンズ

チタンめし

今日の昼休憩は缶詰のトマトソースを使ってチキンビーンズを作った。使うのはスノーピークのチタンクッカー(大) チタン生活再開。さようならアルミクッカー。

f:id:eyezonly:20161219184122j:plain

鶏のこま切れを適当に炒める。

f:id:eyezonly:20161219184126j:plain

これくらいの焼き色になって肉汁が出てくると、チタンといえども鍋底へのこびりつきは殆どなくなる。

f:id:eyezonly:20161219184127j:plain

野菜。タマネギ、ニンジン、ジャガイモは家で切ってきたのだが、ちょっと大きすぎたかもしれない。

f:id:eyezonly:20161219184124j:plain

野菜も軽く炒めた後にブイヨンとローリエを入れた。

f:id:eyezonly:20161219184128j:plain

トマト缶と弁当用のケチャップを1パック投入。

f:id:eyezonly:20161219184129j:plain

水も入れてとにかく煮る。時々火の通り具合を確認したのだが、ジャガイモが大きすぎてなかなか柔らかくならない…もっと小さくカットしないとな…

f:id:eyezonly:20161219184132j:plain

豆。仕上がりの直前に入れると豆の風味が引き立つと書いてあるので最後に入れる。マッシュルーム(中国産)も最後らへんに入れた。

f:id:eyezonly:20161219184131j:plain

チキンビーンズ完成。赤い。そしてめちゃ熱い。

f:id:eyezonly:20161219184133j:plain

今日はこれをパンと一緒に食べようと思っていたのだが、パンを持ってくるのを忘れた。ジャガイモ入ってるから炭水化物はそれで足りるか…

f:id:eyezonly:20161219184135j:plain

明日はスパイスでカレーを作ろう。さようなら。

eyezonly.hatenablog.com

 

寒い日はラーメンが余計に美味くなる

チタンめし

寒い。という事で今日の昼休憩は、昨日に引き続きラーメンを作った。スノーピークのチタンクッカー(大)を使う。

f:id:eyezonly:20161216185321j:plain

人参タマネギ炒める。あらびき胡椒が癖になる旨さ。

f:id:eyezonly:20161216185323j:plain

白菜は確か長崎産。

f:id:eyezonly:20161216185324j:plain

調味料はまだ胡椒しか入れていないのだが、この時点でもういい匂いで腹が鳴る。

f:id:eyezonly:20161216185325j:plain

味付けは香味ペーストをこれくらいと、豆板醤をちょっとだけ入れた。

f:id:eyezonly:20161216185326j:plain

味噌を適当に。だいぶ沈んでしまったが、見えている量の4倍近くは入れてある。

f:id:eyezonly:20161216185327j:plain

おんちの中華そば。38円。

f:id:eyezonly:20161216185328j:plain

麺はスープで2分煮る。

f:id:eyezonly:20161216185329j:plain

適当な味噌ラーメン完成。んー、溢れそうやで。

f:id:eyezonly:20161216185330j:plain

今日は寒かったので、熱々のラーメンが余計にうまく感じた。熱が伝わりにくいチタン製クッカーなので、淵に口を付けてスープを啜っても唇が熱くならないのが嬉しい。野菜のエキスが溶け込んだ旨いスープを思う存分いただけて最高の昼休憩となった。アルミやステン製の器では唇を火傷してしまうところだ。チタン最高。

f:id:eyezonly:20161216185331j:plain

そろそろアルミは封印して、チタンクッカー中心の生活に戻ろう。

eyezonly.hatenablog.com

 

 

ボーナス支給日は胃袋にもご褒美を

チタンめし

という事で今日はボーナス支給日。の割には安上がりな食材ばかり写っているが、今日はスタミナラーメンを作る。

f:id:eyezonly:20161215192707j:plain

クッカーの裏側をまな板がわりにしてニンニクを刻む。

f:id:eyezonly:20161215192711j:plain

今日はスノーピークのチタンクッカー(大)を2つ使う。

f:id:eyezonly:20161215192712j:plain

ニンニク、豚肉を適当に炒めた。

f:id:eyezonly:20161215192715j:plain

野菜。玉ねぎ、人参、白菜は家で切ってきた。

f:id:eyezonly:20161215192708j:plain

火が通りにくそうな気がしたので、先に炒めたいものだけラップに入れてきた。

f:id:eyezonly:20161215192709j:plain

どんどん量が増える。

f:id:eyezonly:20161215192716j:plain

ひたすら炒めていたのだが、白菜の存在を忘れていた。

f:id:eyezonly:20161215192717j:plain

んーどうやって炒めるのか…

f:id:eyezonly:20161215192718j:plain

なんとか頑張って

f:id:eyezonly:20161215192719j:plain

どうにかこんな具合に。

f:id:eyezonly:20161215192720j:plain

水を入れた。

f:id:eyezonly:20161215192721j:plain

味付けは軽く塩コショウとこの2つのチューブ。

f:id:eyezonly:20161215192722j:plain

豆板醤はこの量をあと2回分入れた。

f:id:eyezonly:20161215192723j:plain

香味ペーストはこれだけ。分量は適当。

f:id:eyezonly:20161215192724j:plain

スープが出来たので、麺を茹でる湯を沸かす。

f:id:eyezonly:20161215192725j:plain

スープに入れて直接煮てもいいのか。

f:id:eyezonly:20161215192726j:plain

麺を湯がいている最中に後輩の泉君が昼飯抜きだと気づいたので、こっちは泉君に分ける事にした。

f:id:eyezonly:20161215192727j:plain

俺のはこっち。残り半分になったスープに麺を入れて煮る事にした。

f:id:eyezonly:20161215192728j:plain

たまにはインスタントでない麺もええな。

f:id:eyezonly:20161215192729j:plain

スタミナラーメン完成。味噌を入れようと思って完全に忘れていたが、味は完璧だった。簡単うまい。いう事なし。

f:id:eyezonly:20161215192730j:plain

ごちそうさま。あとは賞与明細を頂いて帰るだけです。ありがとうございます。嘘です。頑張って働きました。

f:id:eyezonly:20161215192731j:plain

そういえばラーメンで思い出したが、以前、後輩の太田君とバカッターについて話していた時に面白い話を聞いた。

何年か前に、売り物の食材を咥えた写真をツイッターにアップして炎上した某ラーメン屋のバイトの女の子が、太田君の父親の友人の娘さんなんだそうだ。

太田君自身も結構若いし、過去の話を聞くとかなり滅茶苦茶な事をしているので、ああ、若いって凄いなとか思うのだが、そんな太田君でさえ、バカッターの心理は全く理解できないそうだ。

まあ、そんなもん理解しなくてもいいのだが…

身近にそういった人間が居ることに一緒になって驚いていた。

 

もう10年くらい前になるか、取引先の会社の社長とスナックで飲んでいた時の事だ。

自分は以前、某社に勤めていたことがあり、自己紹介がてらに前歴を話すと、社長がこんな事をいった。

社長「あんた、どこの部署やったん? その会社で世界初の〇〇機作った人、私の知り合いですわ。知っとる? その人?」

俺「マジっすか…」

というか、〇〇機が昔の話過ぎて会ったことあるもなにも、自分はそのころ小学生だし…

かなり驚いた一件だったのだが、この話はすっかり忘れていた。

 

つい最近、テレビで某メーカーが昔作った某製品と、それにまつわる人々が紹介されていた。

へぇ、人の繋がりって凄いねんなーと感心して見ていたのだが、そこでさっきの取引先の社長の話を急に思い出して焦った。

「社長が知り合いって言っていた人って、この人ちゃうん…マジで…」

びっくりした。

 

そんなこんなで、日本の偉人とも呼ぶべき人々や、ネットで炎上するバカッターが、割と身近な人々の繋がりの、そう遠くない場所に居るってのが不思議で面白いねという話を後輩の泉君にしたのだが、そうしたら彼からこんな返事があった。

泉君「元工場長の娘さんの友人がタレントのH・Mみたいですよ。この間も家に遊びに来たらしいですよ」

マジで…というか元工場長とは何百回と会社から駅までを一緒に歩いて帰ったりした事もあるのだが、そんな話は一度も聞かなかったぞ…

 

泉君はスポーツをやっていた関係で、知人の中にそっち方面の著名人が数人いる。皆すごい知り合いが居る一方で、俺の幼馴染は犯罪者ばかりだ。もう嫌になる。

 

自分の友人知人を数人さかのぼれば大統領に行きつく、という話をどこかで聞いた覚えがある。長い間、そんなバカな話ある訳ないやろと思っていたが、自分の身近な人々の繋がりを知ると、あながち無い話でもないのかなと、そんな風に思うようになった。

 

知り合いの知り合いの知り合いがトランプで、俺の銀行口座に誤って10億くらい送金してしまい、「面倒だから返金はいいよ、君の将来に投資するよ」とかいう奇跡が起きることを祈って今日は寝ることにします。

ありがとう。さようなら。

eyezonly.hatenablog.com

 

お米

今日の昼休憩はレトルトカレー。メタルのインドカレー辛口がマイベスト。

f:id:eyezonly:20161214190254j:plain

熱源はエバニューのチタン製アルコールストーブ。予熱も済んだので炊飯を開始する。

f:id:eyezonly:20161214190257j:plain

まずは沸騰まで導く。クッカーはスノーピークのアルミ製(小)に米一合。

f:id:eyezonly:20161214190258j:plain

クッカーから水蒸気が出始めたら、一旦火からおろしてストーブの五徳を取はずす。

f:id:eyezonly:20161214190259j:plain

今度はストーブに直接載せる形でクッカーを設置。これで炎の熱量が下がって、ガス火の弱火に近い火力になる。

f:id:eyezonly:20161214190302j:plain

上の写真は青い炎が結構出ていて火力も強そうに見えるが、ガス火の感覚で言うと、次の写真の火力よりも少し強いかなという程度。

f:id:eyezonly:20160629151030j:plain

ちなみにアルコールストーブは五徳がある状態だと、大のクッカーを使っていてもこれくらい炎が広がるが、やはり熱量はそれなり。

f:id:eyezonly:20161213192423j:plain

で、弱火の状態で五分弱加熱を続けた。自分の場合、屋内無風だと弱火は大体五分くらいで済ませるのが習慣になっている。

f:id:eyezonly:20161214190301j:plain

蒸らし。

f:id:eyezonly:20161214190303j:plain

20分くらいに蒸らしを終わらせて食べようかな…

f:id:eyezonly:20161214190304j:plain

炊き上がり。

f:id:eyezonly:20161214190305j:plain

底面はこんな感じで、少しだけ茶色に色づく部分が出来た程度。おこげは嫌いです。

f:id:eyezonly:20161214190306j:plain

大同のメタルインドカレーうまい。

f:id:eyezonly:20161214190307j:plain

さて、アルコールといえばエタノールにメタノールなど、ほかにも数多くのアルコール類が存在しているのだが、一般人にとってアルコールといえば第一に思い浮かぶのは酒ではないだろうか。

自分は酒をよく飲むのだが、何年か前に本屋で変な本を見つけた。

それは「酒に謎あり」という本で、発酵学者の小泉武夫氏が書いたものだ。

koizumipress.com

目次を見ると、日本や世界の酒のルーツからビールの泡の秘密、アメリカ禁酒法の裏といった酒にまつわる色々な事柄が書かれていた。

酒の語源を探るのに日本書紀や古事記にまで遡るのか、へぇ、凄いなぁと思ったのだが…

いや待てよ…

俺、めちゃ酒飲むくせに、酒の事何も知らない…

知りたい…酒の事を…

という事でその本を買い、今ではバイブルと言えるほどに繰り返し読んでしまう、最高にお気に入りの一冊となってしまった。

f:id:eyezonly:20161214193906j:plain

「酒に謎あり」(写真右下)には、映画「君の名は」のストーリーで重要な役割を持つ〇〇の〇(ネタばれにつき伏せる)についても書かれているのだが、映画館で君の名はを見ている最中に〇〇の〇が登場した時、小泉武夫氏が女子大生と共に〇〇の〇を作って〇〇する光景を思い出してしまい、しばらくの間、映画に集中できなくなってしまった。

で、その〇〇の〇を作成するというエロティックなテレビ番組が、これまた何年か前にNHKで放映された事があったのだが、果てしなくフェティッシュな内容に仰天してしまったのを覚えている。

当時は小泉武夫氏の事を知らなかったので、ただの変態オッサンくらいにしか思っていなかったのだが、おそらくあのオッサンは小泉氏で、その時の模様が本に描かれているのだろう。

ということで、「酒に謎あり」をきっかけにして小泉武夫氏の本を何冊か買って読んだのだが、今までに自分が見たことのないような言葉使いがめちゃくちゃ面白くて一瞬にして虜になってしまった。

昨年だったか、読売新聞の「時代の証言者」という枠で小泉氏の話が載っていた時も、連日読むのが楽しみで仕方なかったな。

で、真似をしたというか影響を受けたとでもいうのか、小泉氏のようなキャラクターのおっさんが書いているという設定で、8年ほど前から、こことは別の場所でいい加減な文章を打ち始めた。

その時のノリで書いたのが今のブログにもいくつかある。

eyezonly.hatenablog.com

書いていて楽しいのだが、ふと我に返ると、全然アカンちゃうと思ってしまう。自分さえ楽しけりゃいいとは思うのだが…

大体というかブログを書いている時は100%泥酔しているので支離滅裂なのだが、今日もやっぱり意味が分からないので終わろうさようなら。

明日はボーナスです。

eyezonly.hatenablog.com

マインドフルネスでこれまでに失った人生を、トリモロス

いくつか前の記事で、黒猫に効率の良いリラックス方法を教わったという事を書いたのだが、どうやらそれが「マインドフルネス」という瞑想方法と似ているという話を後で聞いて驚いた。

ただ一つの事に集中する状態をマインドフルネスとか念とかいうそうで、仏教の瞑想方法の一種らしく、ストレス低減やら鬱病の治療法の一つとして最近注目されている手法らしい。

自分が行なっているリラックス方法は、今その瞬間の「心地よさ」に全力で集中するという手法なのだが、マインドフルネスは心地よさにだけに特化するのではない。自分が置かれているいかなる状況に対しても区別なくその手法を取り入れる事で、本来の自分を取り戻し、生活の質を安定、向上させることが出来るとされている。

eyezonly.hatenablog.com

以前書いた記事のタイトルは、冗談半分で般若心経の「能除一切苦」(一切の苦を除くことが出来る)という一節を書いたのだが、マインドフルネスの考え方が仏教からきているし、いうほど的外れでもなかったようだ。

「様々な情報や状況から受けるもの、それらを一切無視して、床に横になれた心地よさを全力で味わう」

自分が黒猫に教わったリラックス法(黒猫瞑想とでも表現しようか)がマインドフルネスという概念と全く同じだとは言わないが、似ているところは多いと感じている。

黒猫瞑想は休憩を最大限に活用出来る所も嬉しいのだが、マインドフルネスがいうところの「本来の自分を取り戻す」という点も強く実感できている。

まだ訪れてもいない未来の苦しみを現在進行形の苦痛に脳内変換してしまい、自分が気が付かない間に気力が削がれるという事が多かったのだが、それをスパっと切り離すことが出来た。

仕事でも私生活でも、今やるべき一つの事、それに集中できるようになった。

集中力が上がれば作業の効率はあがる。

本来自分が持ち合わせている力の範囲内ではあるだろうが、これまでの落ちぶれた感のある自分と比べると、確実に集中力がブーストしているのが分かる。

ファミコンのやり過ぎで脱毛症になった小学生時代の自分の集中力には敵わないだろうが、少なくともここ数年の無気力感からは公私含めて確実に解放された。

目の前の一点に集中出来ないのは、大人になったからなのかもしれない。

常に先を考えて行動するようになり、要らぬ負担が自分という人間の足枷になっていたのかもしれない。

ここ十年近く、本来の自分が出来ていた事が全く出来ず苦痛の連続だった。瞑想とは別な考え方でそれを補正、補完するような取り組みを自己流で行ない、それなりの成果は出ていたのだが、ここ最近の瞑想体験により、状況はさらに改善されたように思う。

本来の自分を取り戻すことでストレスは緩和され集中力は増し、色んな状況がここ最近で一気に好転した。

瞑想は現実に変化をもたらす。

辛さ、苦しさから逃れるために失ってきたもの、取り戻したくても取り戻せなかったものが一気に自分の手に戻ってきた様な感じがして本当に嬉しい。

という事で、今日の昼休憩は豚汁を作って全力で堪能し、午後の仕事も全力で励みましたとさ。

f:id:eyezonly:20161207213206j:plain

eyezonly.hatenablog.com