読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々

色々やる所

ボーナス支給日は胃袋にもご褒美を

チタンめし

という事で今日はボーナス支給日。の割には安上がりな食材ばかり写っているが、今日はスタミナラーメンを作る。

f:id:eyezonly:20161215192707j:plain

クッカーの裏側をまな板がわりにしてニンニクを刻む。

f:id:eyezonly:20161215192711j:plain

今日はスノーピークのチタンクッカー(大)を2つ使う。

f:id:eyezonly:20161215192712j:plain

ニンニク、豚肉を適当に炒めた。

f:id:eyezonly:20161215192715j:plain

野菜。玉ねぎ、人参、白菜は家で切ってきた。

f:id:eyezonly:20161215192708j:plain

火が通りにくそうな気がしたので、先に炒めたいものだけラップに入れてきた。

f:id:eyezonly:20161215192709j:plain

どんどん量が増える。

f:id:eyezonly:20161215192716j:plain

ひたすら炒めていたのだが、白菜の存在を忘れていた。

f:id:eyezonly:20161215192717j:plain

んーどうやって炒めるのか…

f:id:eyezonly:20161215192718j:plain

なんとか頑張って

f:id:eyezonly:20161215192719j:plain

どうにかこんな具合に。

f:id:eyezonly:20161215192720j:plain

水を入れた。

f:id:eyezonly:20161215192721j:plain

味付けは軽く塩コショウとこの2つのチューブ。

f:id:eyezonly:20161215192722j:plain

豆板醤はこの量をあと2回分入れた。

f:id:eyezonly:20161215192723j:plain

香味ペーストはこれだけ。分量は適当。

f:id:eyezonly:20161215192724j:plain

スープが出来たので、麺を茹でる湯を沸かす。

f:id:eyezonly:20161215192725j:plain

スープに入れて直接煮てもいいのか。

f:id:eyezonly:20161215192726j:plain

麺を湯がいている最中に後輩の泉君が昼飯抜きだと気づいたので、こっちは泉君に分ける事にした。

f:id:eyezonly:20161215192727j:plain

俺のはこっち。残り半分になったスープに麺を入れて煮る事にした。

f:id:eyezonly:20161215192728j:plain

たまにはインスタントでない麺もええな。

f:id:eyezonly:20161215192729j:plain

スタミナラーメン完成。味噌を入れようと思って完全に忘れていたが、味は完璧だった。簡単うまい。いう事なし。

f:id:eyezonly:20161215192730j:plain

ごちそうさま。あとは賞与明細を頂いて帰るだけです。ありがとうございます。嘘です。頑張って働きました。

f:id:eyezonly:20161215192731j:plain

そういえばラーメンで思い出したが、以前、後輩の太田君とバカッターについて話していた時に面白い話を聞いた。

何年か前に、売り物の食材を咥えた写真をツイッターにアップして炎上した某ラーメン屋のバイトの女の子が、太田君の父親の友人の娘さんなんだそうだ。

太田君自身も結構若いし、過去の話を聞くとかなり滅茶苦茶な事をしているので、ああ、若いって凄いなとか思うのだが、そんな太田君でさえ、バカッターの心理は全く理解できないそうだ。

まあ、そんなもん理解しなくてもいいのだが…

身近にそういった人間が居ることに一緒になって驚いていた。

 

もう10年くらい前になるか、取引先の会社の社長とスナックで飲んでいた時の事だ。

自分は以前、某社に勤めていたことがあり、自己紹介がてらに前歴を話すと、社長がこんな事をいった。

社長「あんた、どこの部署やったん? その会社で世界初の〇〇機作った人、私の知り合いですわ。知っとる? その人?」

俺「マジっすか…」

というか、〇〇機が昔の話過ぎて会ったことあるもなにも、自分はそのころ小学生だし…

かなり驚いた一件だったのだが、この話はすっかり忘れていた。

 

つい最近、テレビで某メーカーが昔作った某製品と、それにまつわる人々が紹介されていた。

へぇ、人の繋がりって凄いねんなーと感心して見ていたのだが、そこでさっきの取引先の社長の話を急に思い出して焦った。

「社長が知り合いって言っていた人って、この人ちゃうん…マジで…」

びっくりした。

 

そんなこんなで、日本の偉人とも呼ぶべき人々や、ネットで炎上するバカッターが、割と身近な人々の繋がりの、そう遠くない場所に居るってのが不思議で面白いねという話を後輩の泉君にしたのだが、そうしたら彼からこんな返事があった。

泉君「元工場長の娘さんの友人がタレントのH・Mみたいですよ。この間も家に遊びに来たらしいですよ」

マジで…というか元工場長とは何百回と会社から駅までを一緒に歩いて帰ったりした事もあるのだが、そんな話は一度も聞かなかったぞ…

 

泉君はスポーツをやっていた関係で、知人の中にそっち方面の著名人が数人いる。皆すごい知り合いが居る一方で、俺の幼馴染は犯罪者ばかりだ。もう嫌になる。

 

自分の友人知人を数人さかのぼれば大統領に行きつく、という話をどこかで聞いた覚えがある。長い間、そんなバカな話ある訳ないやろと思っていたが、自分の身近な人々の繋がりを知ると、あながち無い話でもないのかなと、そんな風に思うようになった。

 

知り合いの知り合いの知り合いがトランプで、俺の銀行口座に誤って10億くらい送金してしまい、「面倒だから返金はいいよ、君の将来に投資するよ」とかいう奇跡が起きることを祈って今日は寝ることにします。

ありがとう。さようなら。

eyezonly.hatenablog.com

 

お米

今日の昼休憩はレトルトカレー。メタルのインドカレー辛口がマイベスト。

f:id:eyezonly:20161214190254j:plain

熱源はエバニューのチタン製アルコールストーブ。予熱も済んだので炊飯を開始する。

f:id:eyezonly:20161214190257j:plain

まずは沸騰まで導く。クッカーはスノーピークのアルミ製(小)に米一合。

f:id:eyezonly:20161214190258j:plain

クッカーから水蒸気が出始めたら、一旦火からおろしてストーブの五徳を取はずす。

f:id:eyezonly:20161214190259j:plain

今度はストーブに直接載せる形でクッカーを設置。これで炎の熱量が下がって、ガス火の弱火に近い火力になる。

f:id:eyezonly:20161214190302j:plain

上の写真は青い炎が結構出ていて火力も強そうに見えるが、ガス火の感覚で言うと、次の写真の火力よりも少し強いかなという程度。

f:id:eyezonly:20160629151030j:plain

ちなみにアルコールストーブは五徳がある状態だと、大のクッカーを使っていてもこれくらい炎が広がるが、やはり熱量はそれなり。

f:id:eyezonly:20161213192423j:plain

で、弱火の状態で五分弱加熱を続けた。自分の場合、屋内無風だと弱火は大体五分くらいで済ませるのが習慣になっている。

f:id:eyezonly:20161214190301j:plain

蒸らし。

f:id:eyezonly:20161214190303j:plain

20分くらいに蒸らしを終わらせて食べようかな…

f:id:eyezonly:20161214190304j:plain

炊き上がり。

f:id:eyezonly:20161214190305j:plain

底面はこんな感じで、少しだけ茶色に色づく部分が出来た程度。おこげは嫌いです。

f:id:eyezonly:20161214190306j:plain

大同のメタルインドカレーうまい。

f:id:eyezonly:20161214190307j:plain

さて、アルコールといえばエタノールにメタノールなど、ほかにも数多くのアルコール類が存在しているのだが、一般人にとってアルコールといえば第一に思い浮かぶのは酒ではないだろうか。

自分は酒をよく飲むのだが、何年か前に本屋で変な本を見つけた。

それは「酒に謎あり」という本で、発酵学者の小泉武夫氏が書いたものだ。

koizumipress.com

目次を見ると、日本や世界の酒のルーツからビールの泡の秘密、アメリカ禁酒法の裏といった酒にまつわる色々な事柄が書かれていた。

酒の語源を探るのに日本書紀や古事記にまで遡るのか、へぇ、凄いなぁと思ったのだが…

いや待てよ…

俺、めちゃ酒飲むくせに、酒の事何も知らない…

知りたい…酒の事を…

という事でその本を買い、今ではバイブルと言えるほどに繰り返し読んでしまう、最高にお気に入りの一冊となってしまった。

f:id:eyezonly:20161214193906j:plain

「酒に謎あり」(写真右下)には、映画「君の名は」のストーリーで重要な役割を持つ〇〇の〇(ネタばれにつき伏せる)についても書かれているのだが、映画館で君の名はを見ている最中に〇〇の〇が登場した時、小泉武夫氏が女子大生と共に〇〇の〇を作って〇〇する光景を思い出してしまい、しばらくの間、映画に集中できなくなってしまった。

で、その〇〇の〇を作成するというエロティックなテレビ番組が、これまた何年か前にNHKで放映された事があったのだが、果てしなくフェティッシュな内容に仰天してしまったのを覚えている。

当時は小泉武夫氏の事を知らなかったので、ただの変態オッサンくらいにしか思っていなかったのだが、おそらくあのオッサンは小泉氏で、その時の模様が本に描かれているのだろう。

ということで、「酒に謎あり」をきっかけにして小泉武夫氏の本を何冊か買って読んだのだが、今までに自分が見たことのないような言葉使いがめちゃくちゃ面白くて一瞬にして虜になってしまった。

昨年だったか、読売新聞の「時代の証言者」という枠で小泉氏の話が載っていた時も、連日読むのが楽しみで仕方なかったな。

で、真似をしたというか影響を受けたとでもいうのか、小泉氏のようなキャラクターのおっさんが書いているという設定で、8年ほど前から、こことは別の場所でいい加減な文章を打ち始めた。

その時のノリで書いたのが今のブログにもいくつかある。

eyezonly.hatenablog.com

書いていて楽しいのだが、ふと我に返ると、全然アカンちゃうと思ってしまう。自分さえ楽しけりゃいいとは思うのだが…

大体というかブログを書いている時は100%泥酔しているので支離滅裂なのだが、今日もやっぱり意味が分からないので終わろうさようなら。

明日はボーナスです。

eyezonly.hatenablog.com

マインドフルネスでこれまでに失った人生を、トリモロス

いくつか前の記事で、黒猫に効率の良いリラックス方法を教わったという事を書いたのだが、どうやらそれが「マインドフルネス」という瞑想方法と似ているという話を後で聞いて驚いた。

ただ一つの事に集中する状態をマインドフルネスとか念とかいうそうで、仏教の瞑想方法の一種らしく、ストレス低減やら鬱病の治療法の一つとして最近注目されている手法らしい。

自分が行なっているリラックス方法は、今その瞬間の「心地よさ」に全力で集中するという手法なのだが、マインドフルネスは心地よさにだけに特化するのではない。自分が置かれているいかなる状況に対しても区別なくその手法を取り入れる事で、本来の自分を取り戻し、生活の質を安定、向上させることが出来るとされている。

eyezonly.hatenablog.com

以前書いた記事のタイトルは、冗談半分で般若心経の「能除一切苦」(一切の苦を除くことが出来る)という一節を書いたのだが、マインドフルネスの考え方が仏教からきているし、いうほど的外れでもなかったようだ。

「様々な情報や状況から受けるもの、それらを一切無視して、床に横になれた心地よさを全力で味わう」

自分が黒猫に教わったリラックス法(黒猫瞑想とでも表現しようか)がマインドフルネスという概念と全く同じだとは言わないが、似ているところは多いと感じている。

黒猫瞑想は休憩を最大限に活用出来る所も嬉しいのだが、マインドフルネスがいうところの「本来の自分を取り戻す」という点も強く実感できている。

まだ訪れてもいない未来の苦しみを現在進行形の苦痛に脳内変換してしまい、自分が気が付かない間に気力が削がれるという事が多かったのだが、それをスパっと切り離すことが出来た。

仕事でも私生活でも、今やるべき一つの事、それに集中できるようになった。

集中力が上がれば作業の効率はあがる。

本来自分が持ち合わせている力の範囲内ではあるだろうが、これまでの落ちぶれた感のある自分と比べると、確実に集中力がブーストしているのが分かる。

ファミコンのやり過ぎで脱毛症になった小学生時代の自分の集中力には敵わないだろうが、少なくともここ数年の無気力感からは公私含めて確実に解放された。

目の前の一点に集中出来ないのは、大人になったからなのかもしれない。

常に先を考えて行動するようになり、要らぬ負担が自分という人間の足枷になっていたのかもしれない。

ここ十年近く、本来の自分が出来ていた事が全く出来ず苦痛の連続だった。瞑想とは別な考え方でそれを補正、補完するような取り組みを自己流で行ない、それなりの成果は出ていたのだが、ここ最近の瞑想体験により、状況はさらに改善されたように思う。

本来の自分を取り戻すことでストレスは緩和され集中力は増し、色んな状況がここ最近で一気に好転した。

瞑想は現実に変化をもたらす。

辛さ、苦しさから逃れるために失ってきたもの、取り戻したくても取り戻せなかったものが一気に自分の手に戻ってきた様な感じがして本当に嬉しい。

という事で、今日の昼休憩は豚汁を作って全力で堪能し、午後の仕事も全力で励みましたとさ。

f:id:eyezonly:20161207213206j:plain

eyezonly.hatenablog.com

中だるみの木曜日は昼間からペペロンチーノで元気溌剌

今日の昼休憩はエスビットのクッカーを使った。今朝は出かける前にバタバタしていたので、昼飯用の食材は持ってきていない。

f:id:eyezonly:20161201185928j:plain

中にアルコールストーブと風防兼五徳が収納できる。非常用というわけではないのだが、これとアルコール燃料は会社に持っていくカバンに常備している。

f:id:eyezonly:20161201185929j:plain

熱源に使うのは右のエバニューのチタン製ストーブ。

f:id:eyezonly:20161201185930j:plain

食材は会社の机に置いたままになっていたこれを使う。あえるだけのパスタソース。

f:id:eyezonly:20161201185932j:plain

点火。アルコールの炎は見えにくい。怖い。ガスバーナーのボンベが切れたので、今日の熱源はこれを使うしかない。この弱弱しい炎でプレヒート中。

f:id:eyezonly:20161201185933j:plain

持ち手のあたりまで炎が昇ってくるのでゴムカバーが溶けそうになってしまった。

f:id:eyezonly:20161201185935j:plain

大した効果はないかもしれないが、とりあえず蓋を。

f:id:eyezonly:20161201185936j:plain

エスビットのアルコールストーブなら、この窓から火力調整が行える。

f:id:eyezonly:20161201185934j:plain

沸騰したのでパスタを入れる。

f:id:eyezonly:20161201185939j:plain

手で押し込めてこんな具合に。

f:id:eyezonly:20161201185940j:plain

パスタソースは二人前入っていて、ソースとトッピングの袋に分かれていた。

f:id:eyezonly:20161201185942j:plain

作り方。2のサラダ油を云々が気になる。ペペロンチーノを作るのにサラダ油を使うやり方もあるのだろうか…

f:id:eyezonly:20161201185931j:plain

途中で燃料が切れたので補充して再度点火。もうすぐで茹で終了。

f:id:eyezonly:20161201185941j:plain

湯を捨ててパスタソースをかける。オイルの色が全然オリーブオイルっぽくない。これもサラダ油か?

f:id:eyezonly:20161201185944j:plain

塩辛っぽいというか、アンチョビペーストっぽい見た目の塊が油の後にドサっと落ちてきた。ニンニクと唐辛子。

f:id:eyezonly:20161201185945j:plain

トッピングのフライドガーリックとパセリを振り掛けてサクっと完成。ペロっと平らげて、さらにもう一束茹でて食べた。パスタは旨いし楽でいい。

f:id:eyezonly:20161201185947j:plain

帰宅してクッカーを洗ったついでにアルコールストーブで湯を沸かしてみた。着火後、プレヒートという過程が30秒ほど続き、熱によって大量に気化したアルコールに引火してやっと熱源として利用できる大きさの炎になる。

f:id:eyezonly:20161201200412j:plain

この写真を撮った時は400mlの水を加熱したが、室温25度、無風の状態で4分10秒で沸騰した。この間チキンラーメンを食った時に沸かした時は沸騰までもうちょっと時間がかかったような気がするのだが。ちょっとした条件の違いで随分変化が出るな。

アルコール燃料60mlで、鎮火まで13分くらい。プレヒートの時間と鎮火寸前の弱火時間を省くと、60mlの燃料で熱源として使える時間は10分くらいか。

f:id:eyezonly:20161201200415j:plain

シンナーと覚せい剤にまつわる話を書いたのだが、メシの話にそぐわないので削除した。

さようなら。

eyezonly.hatenablog.com

 

乾燥野菜パックで手軽に炊き込みご飯

今日の昼休憩は、また炊き込みご飯を作った。楽なものでつい…

f:id:eyezonly:20161129184753j:plain

使う具はこちら。野菜を乾燥させたもので、昨日スーパーで見かけたので買って持ってきた。熱湯10分で戻るってのも炊飯に最適じゃないか。

f:id:eyezonly:20161129184800j:plain

国産が嬉しい。

f:id:eyezonly:20161129184755j:plain

今日は白米。約2合。

f:id:eyezonly:20161129184754j:plain

当初はうどんスープの素を使おうかと思っていたが、鶏ガラスープがあったのでこれを出汁に使うことにした。

f:id:eyezonly:20161129184756j:plain

ごはん2杯分でガラスープ1本半。これと同じ分量を入れることにする。

f:id:eyezonly:20161129184758j:plain

さささー

f:id:eyezonly:20161129184801j:plain

もう半分追加。

f:id:eyezonly:20161129184802j:plain

乾燥野菜投入。

f:id:eyezonly:20161129184804j:plain

重量比が5倍と書いていたが、水を吸って膨らむと17gx5になるということなのだろうか。

f:id:eyezonly:20161129184759j:plain

乾燥野菜が吸う分の水を、炊飯の水とは別で約90cc追加。そして鶏ガラスープだけでは頼りない気がしたので、醤油、酒、ごま油を少し加えた。

f:id:eyezonly:20161129184805j:plain

炊飯開始。

f:id:eyezonly:20161129184806j:plain

水滴。これが透明な水滴ではなく米の汁混じりの白濁した状態になってしまうと火力が強すぎる場合がある。同じようにやっているつもりでも炊き上がりに結構な差が出る事があるので、一年を通して安定した炊飯を行うというのは結構面倒な作業かもしれない。

f:id:eyezonly:20161129184808j:plain

蒸らし。

f:id:eyezonly:20161129184809j:plain

時間がないので五分ほどで蓋を開けた。ええ感じちゃいますのん。

f:id:eyezonly:20161129184810j:plain

量が多すぎて混ぜにくい。

f:id:eyezonly:20161129184812j:plain

炊き込みご飯と味噌汁の完成。ええ匂い。

f:id:eyezonly:20161129184811j:plain

おこげという程の状態ではなく、ほんのり濃い色の部分が僅かに出た程度。抜群の炊き加減で味もなかなかだった。舞茸がいい仕事してます。香り抜群。乾燥野菜パック、職場に常備決定です。

f:id:eyezonly:20161129184813j:plain

最近、チューハイストロングゼロから赤ワインに乗り換えた。相変わらずのサントリーですが。今の時期はボジョレなんとかってので世間がにぎわっているらしいが、俺はこれで十分です。ありがとうサントリー。

f:id:eyezonly:20161129193702j:plain

これまでワインは殆ど飲んだ経験がない。昔、幼馴染の家で白ワインを飲んだ時に大変な思いをして以来、ほとんど口にすることはなかった。

スミノフの50度のボトルを一晩で一本飲んだとしても、翌日に酒が抜けていないだけで頭痛やダルさなどの体調不良になることはないのだが、これがワインとなると変わってくる。

ワインは翌日どころか、飲んでしばらくすると大変な頭痛にみまわれてしまう。特に白はキツイ…

単純に白ワインが自分の体質にあっていないだけだと思うのだが、勝手な思い込みで、添加物の「亜硫酸塩」が体調不良になる原因ではないのかと決めつけてずっと避けてきた。

大阪の印刷会社で、清掃用か何かの薬剤が原因で多数の従業員が胆管癌を患って問題になった事もあったが、医師のインタビューで胆管癌がレアな病気だと言っていた。

任天堂の元社長や川島なお美は胆管癌で亡くなった。ワイン好きで有名なこの2人がどちらも同じ胆管癌とか、ますますワインが怖くなるじゃないか…

という事で酒屋やスーパーなどのワインコーナーには長年足を運ぶことはなかったのだが、先々週に偶然、酸化防止剤無添加のワインを発見した。

ラベルに亜硫酸塩の記載なし。飲めるかどうか分からないが、一本買って飲んでみる事にした。

軽く冷やしたのち、開封してグラスに注ぐ。

「ファンタやな」と思って飲んだらやっぱり炭酸の抜けたファンタグレープっぽい。

うまいやんワイン…

一杯二杯とファンタ感覚で飲み続け、ボトル1本開けたところで飲み足らず、ストロングゼロ500mlを一本追加して俺の宴は終了した。

飲んでいる最中に頭痛にみまわれる事はなく、翌朝もすっきりと目覚めることができた。

ケーブルテレビで機動戦士ガンダムの劇場版三部作を見たのが影響したのか、アムロの声で「飲める!!飲めるぞ!!」などと脳内再生しながら翌日もまたワインコーナーでサントリーの無添加赤ワインを手にしていた。

無添加というが、ワインは製造過程で古くから亜硫酸塩が使用されてきたらしい。表示義務が生じる分量に満たないが、僅かながらに亜硫酸塩が含まれるといった場合、それを無添加と胸を張って言ってよいものなのだろうか?

サントリーの無添加ワインには亜硫酸塩が何パーセントくらい入っているのだろうか…

そんな感じの事を考えながら、今日も赤ワインで温まっている次第です。

eyezonly.hatenablog.com

 

totoの一等6億円当選きたー!?

先週の月曜、ネットで購入したtotoの当選メールが届いた。

当選する事はよくあるので、どおせまた数百円レベルの額だろうと思って何等に当選したのかは確認しなかった。

当選すると、いつもは水曜日に振込入金があり、銀行から入金通知のメールが届く。

しかし先週の水曜は祝日で入金はなかった。

木曜に入金されるのかと思ったが、木曜も金曜もなかった。

おかしい…

販売サイトのシステム障害が原因で振込遅延が起きることが稀にあるので、今回もそれかもしれない。

金曜日、仕事から帰宅して販売サイトをチェックしても、自分が当選している回には一切のトラブルは起きていない。

もしかして、高額当選とかで振り込みが遅れているのでは?

販売サイトへアクセスしたのだから、そこで何等が当選したのかを見ればよかったのだが、どおせならここは一等に当選したと思って振り込みを待とう。そう考えた。

「toto 高額当選 振込 遅延」

「贈与税」

「ATM 引き出し限度額」

あれやこれやググってみたのだが、やはり高額当選の場合、僅かながら振り込みの遅延があるという情報が載っていた。

ますます高まる6億円の予感。

週明けには6億円…

 

そしてついに今日という日がやってきた。

さすがに今日中には振り込みされるやろう。

10時の休憩までには入金の通知が来るやろう。

6億円を励みに、始業から10時の休憩までの2時間、俺は死に物狂いで働いた。

入社して以来、ここまで必死になって作業したのは初めての経験ではないだろうか…

休憩に入りスマホを確認すると、銀行からの振込通知が来ていた。

銀行のアプリを起動し、パスワードを入れ、残高が表示されるのを待つこと数秒…

「なんやねんこれ!!!」

どうやら自分が当選したのは通常のBIGとは別に買っていたBIG1000の4等、11652円だったようだ。

俺の6億円は夢へと消えた。

あまりにもショッキングな出来事に、僅かながらに持ち合わせていた就業意欲も消え失せてしまい、「やってられるか!」と言い放って職務を放棄して解雇通告されても困るので、やっぱり頑張ることにした。

f:id:eyezonly:20161128190739j:plain

発芽玄米。最近メシを食いすぎなのでこれで我慢。

f:id:eyezonly:20161128190740j:plain

結構広い工場。金型があれば、写真のクッカーくらいは作れる設備のある職場。オリジナルのクッカー作りたい。

f:id:eyezonly:20161128190743j:plain

12時15分に加熱終了して蒸らし開始。

f:id:eyezonly:20161128190745j:plain

完成。玄米と味噌汁だけ。

f:id:eyezonly:20161128190746j:plain

いい穴開いてます。

f:id:eyezonly:20161128190747j:plain

どれにしようかな(涙)

f:id:eyezonly:20161128190742j:plain

木の実ナナはバター醤油ごはん喰いすぎて腎臓結石になったと言っていた。俺も豚しゃぶを食いすぎて腎臓結石(5mmx3個)になったのだが、勝手に消えてなくなった。5mmサイズの結石など敵ではない。

f:id:eyezonly:20161128190748j:plain

バター醤油と玄米は多分合わない。

f:id:eyezonly:20161128190749j:plain

米2合だと、ふりかけ最低4袋は要る。

f:id:eyezonly:20161128190754j:plain

帰宅後、このブログを書きながら喰らっているのはレンチンもやしx2袋。味付けは塩コショウで。

仮に今日6億円手に入っていたとしても、俺はもやしを食っていたでしょう。

結石はまあいいとしても、痛風とか怖いで。

数百億円持ってても鬱なる人居るしね。

健康第一。

酒は喰らうけど。

そこそこ底辺漂ってるけど楽しくやってまーす。

んがんん

eyezonly.hatenablog.com

 

鉄人の味「銀座ろくさん亭」の味を昼休憩に味わう

今日の昼休憩も米を二合炊いた。私の昼休憩は米を炊かねば始まらない。

f:id:eyezonly:20161124184358j:plain

今回使うのは手抜きしてこちら。大塚食品から出ている銀座ろくさん亭シリーズの「鮮やか五目窯めし」1箱で2合2~3人前。

f:id:eyezonly:20161124184355j:plain

料理の鉄人、道場六三郎氏が手掛ける銀座の名店「ろくさん亭」の味を家庭で楽しむために誕生したというこの製品。

f:id:eyezonly:20161124184357j:plain

箱を開けると具と出汁の2パック入っているが、303gと結構重量がある。「妥協するなら、ろくさん亭の名は使わせない」という六三郎氏の言葉の重みが込められたかのようなズッシリ感。

f:id:eyezonly:20161124184356j:plain

午前の休憩中に研いで水に浸しておいた米に出汁を投入する。

f:id:eyezonly:20161124184359j:plain

そして混ぜる。この段階でもう良い香りがほのかに漂う。

f:id:eyezonly:20161124184400j:plain

具をドン。

f:id:eyezonly:20161124184402j:plain

炊飯。

f:id:eyezonly:20161124184403j:plain

米の加熱が終わったので、小クッカーを使い、味噌汁用の湯を沸かす。具は乾燥わかめ。

f:id:eyezonly:20161124184404j:plain

米蒸らし終了。蓋を開けるとこんな具合に。二合でパンパン。

f:id:eyezonly:20161124190038j:plain

やたら混ぜにくいが、なんとか頑張って混ぜる。

f:id:eyezonly:20161124185204j:plain

今日の昼飯、ろくさん亭の鮮やか五目釜飯と味噌汁の出来上がり。

f:id:eyezonly:20161124190041j:plain

箱の写真がこれで

f:id:eyezonly:20161124184357j:plain

出来たのがこれ。そこそこの見栄え。もちろん味は最高。色んな香りが飛び込んで風味豊かで贅沢な昼休憩を堪能した。これだけの具が用意されてこの味で380円なら安い方やな。楽してこんな贅沢な飯が食えるとか、いい時代になったもんだ。

f:id:eyezonly:20161124190040j:plain

eyezonly.hatenablog.com