読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々

色々やる所

チタンの温もり 太陽の恵み

チタンめし

金曜日だというのに、雨、雨、雨…

雨音が、周囲の音をかき消しているのだろうか。心無しか、いつもより街が静かに感じる。昼休憩だというのに、私の気分も下がる一方である。

日光も差さない。寒い、寒いなぁ…

古来より、幾多の文明、あまたの種族が神と崇めた太陽、その来光は、今や分厚い雲に隔たれてしまった。私の身体も、まるでラグナロクを迎えてしまったかのような凍え様である。まもなく訪れる死への恐怖だろうか、震えが続いている…

「いやだ、死にたくない!!」

ここはひとつ、あったかご飯で温まる事にしよう。

f:id:eyezonly:20160129124721j:plain

まずはニンニクを刻む。かなり雑だが、喰うのは俺だから問題ない。

f:id:eyezonly:20160129124750j:plain

オリーブオイルを入れて、しばらく加熱。この時点で、塩とコショウを入れたかもしれない。

f:id:eyezonly:20160129124729j:plain

いい感じになった所で、ベーコンを適当に切って投入。再度加熱。

f:id:eyezonly:20160129124706j:plain

ベーコンの油が出て来た所で、野菜を投入。玉葱、人参、ジャガイモは、家で切ってきた。

f:id:eyezonly:20160129124704j:plain

炒めて火が軽く通ったら、水を入れ、葉っぱを入れてブイヨンも入れる。ブイヨンは早く溶かしたいので、これで砕く。

f:id:eyezonly:20160129124724j:plain

チタンでも焦げない調理は放置出来るので楽。

f:id:eyezonly:20160129124748j:plain

更にマッシュルームも加え、グツグツやる。これだけでも美味そう。

f:id:eyezonly:20160129124734j:plain

うらごしトマト。太陽の恵み。

f:id:eyezonly:20160129124741j:plain

300gの内、2/3くらいは入れた。残りは直接飲んだが、酸っぱすぎて参った。

f:id:eyezonly:20160129124738j:plain

大豆を投入。

f:id:eyezonly:20160129124758j:plain

味見をしてみたが、バッチリだったので、ケチャップやら、追加の塩コショウなどは入れなかった。しかし、時短を狙ってベーコンを使ったが、こんだけ加熱するなら普通の豚肉でもよかったかもしれない。

f:id:eyezonly:20160129124711j:plain

完成!! ポークビーンズって料理かなこれは…今日は手抜きで炊飯無し。パンで食べる。

f:id:eyezonly:20160129124727j:plain

バジルを振りかけると更にうまい。

f:id:eyezonly:20160129124709j:plain

トーストしたフランスパンで食べたい所だったが、これでも十分うまかった。いや、めちゃくちゃ美味かった。自分で作ると、自分の好きな味に出来る所がいい。

f:id:eyezonly:20160129124658j:plain

出来立ての温かいスープも嬉しいが、トマトの程好い酸味が、さらに身体を温めてくれる。日だまりに居る様な心地よい温かさ。まるで、一皿の中に太陽が宿ったかの様な、実に暖かな昼休憩を送る事が出来た。

救われた。私は救われたのだ。さきほどまで私にまとわりついていた、死への恐怖は嘘の様に消えてなくなり、身体の震えもすっかり収まった。

神よ、ありがとう!!

この安堵が永久に続けばなんと素晴らしい事だろうか。そう思ったのも束の間、何やら耳慣れぬ鐘の音が鳴り始めた。

「キーン キーン」

不快な響きと共に、次なる恐怖が私に襲いかかる。休憩の終わり。仕事の再開という恐るべき現実…

平穏な時間は、僅か50分で幕を閉じた。やはり神など存在しなかったのだ。だが、一皿の温かいメシが、私に勇気と希望を与えてくれた。やれる、今の私ならやれる。

ありがとう、ポークビーンズ!!