色々

色々やる所

チタンクッカーの焦げ落とし

珍しく盛大に焦がした時の様子。

今回はこの焦げを除去する。

f:id:eyezonly:20160313072602j:plain

30分程カリカリした所。ナイフが走った後が見えるが、傷ではなくムラ。

f:id:eyezonly:20160313072604j:plain

焦げ落としの方法は、次の記事で紹介した。

eyezonly.hatenablog.com

ブックマークの方で、記事を読まずに的外れなコメントをされている方が沢山居て本当にあれなんですが、実際、ナイフでカリカリやっても問題はないんですよ。「微妙な力加減」でやれば。

アルミ、ステンなら傷がつくだろうが、今回の場合、チタンの凹凸に食い込んだ焦げをターゲットにカリカリやる訳で、チタンクッカー自体を直接カリカリやっている訳ではない。

薄板に鋭利な刃物は以ての外。そりゃそうでしょう。だから敢えてやっているというね。おすすめの方法ではなく、あくまでも自己責任。

200回以上炊飯し、100回以上調理しているクッカーが下の写真。軽く焦げの後が見えると思うが、これも重曹などで落ちない頑固な焦げは、ナイフでカリカリやって落として使い続けている。

f:id:eyezonly:20160313072601j:plain

このクッカー、一生使えるかどうかは分からんけど、今後も大事に使って行きたい。

しかしまあ、読みにくい記事を書くこちらも問題あるかと思うが、殆ど読まずに的外れなコメントをつけるというのは、はてなブックマークの恒例行事みたいなもんか…

 

eyezonly.hatenablog.com