色々

色々やる所

アルミ生活の始まり

今回の昼休憩は、SNOW PEAKのアルミクッカーを使って炊飯調理を行なう。

これまで主にチタン製クッカーを使って昼飯作りを行なってきたわけだが、当面の間は、このアルミクッカーを使って、少しばかり手抜きをしていこうかと、そう考えている。

今回家から持参したのは卵2つ。米とツナ缶は会社の机に常備してあるものを使う。

この机、普段から業務で使用する事は殆どないので、油や調味料でごった返してご覧の有様。

自分にとってデスクワークとは、昼飯作りの事を指すのかもしれない…

f:id:eyezonly:20160621182719j:plain

熱源はG-Stoveを考えていたのだが、持ってくるのを忘れたので、プリムスのフェムトストーブを使う事に。

f:id:eyezonly:20160621182725j:plain

まずは炊飯。大寄りの中火。

このフェムトストーブ、ロケットエンジンの様に吹き出す一点集中の炎がおそろしい。

このストーブを使う場合、チタンクッカーで何も手を施さずに普通に炊けば、ほぼ100%コゲコゲでクソまずい米に仕上がるのだが、アルミクッカーではどう出るのか。

f:id:eyezonly:20160621182724j:plain

鉄ブロックでがっつり重石。

熱伝導率、熱容量を考えれば当たり前の話だが、チタンクッカー炊飯時よりも水蒸気量が多い為、より重い物体で押さえ込まなければ蓋が浮いてしまう。

f:id:eyezonly:20160621182710j:plain

蒸らし。

f:id:eyezonly:20160621182705j:plain

バーナーが空いたので、卵の調理に入る。

f:id:eyezonly:20160621182702j:plain

大クッカーで加熱する。

f:id:eyezonly:20160621182712j:plain

加熱してこんな具合。

f:id:eyezonly:20160621182659j:plain

蒸らし後の白米。

f:id:eyezonly:20160621182708j:plain

なんかこういう具合。完成。

f:id:eyezonly:20160621182721j:plain

油の量が少なかったのもあるかもしれないが、こびりつきが目立つ。次はやり方を変えよう。

これだけこびりついてはいるが、そこから焦げに発展する様子は見られない。

f:id:eyezonly:20160621182701j:plain

次の画像はチタンのもの。卵のこびりつき方がアルミの場合とは様子が違うのが分かる。

f:id:eyezonly:20160120124009j:plain

次に米。おこげすら出来ない抜群の炊きあがりだった。蒸らしで逃げる熱が多いのがアルミの残念な所だが、適当な火加減でも炊きあがりの結果に差が出にくい所が楽で良い。

f:id:eyezonly:20160621182703j:plain

今回の炊飯でクッカーの底面が変色した。フェムトストーブ相手には100回も炊飯出来ない様な気がするが、これもやってみなければ分からない。

f:id:eyezonly:20160621182723j:plain

寝よう。

カントリーマアムより、ドキドキ学園のクッキーの方がウマいと思う派。

 

eyezonly.hatenablog.com