読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々

色々やる所

スマート水筒その後

前回の記事で書いたTRAGOのスマート水筒を使い始めて一週間ちょっと過ぎた。標準ボトルでは容量が少なかったので、ナルゲンの32オンスのボトルで使っている。

f:id:eyezonly:20170125192440j:plain

IoTで水分摂取量を管理するTRAGOスマートボトル。

trago.co

これがTRAGO標準ボトルで容量20オンス。頻繁に水を継ぎ足さなければならないので使うのをやめた。

f:id:eyezonly:20170116202932j:plain

TRAGOのスマートキャップはユニバーサル仕様を謳っているが、使えるのはアプリで選択出来るボトルのみだと思う。ここに表示されていないナルゲンの500mlボトルも使ってみたが正常に動作しなかった。いうほどユニバーサルという訳でもないらしい。今後のアップデートで適合ボトルの種類が増えれば嬉しいところ。使いたいボトルがあるので対応してくれと要望を出しておいたがどうなることやら。

f:id:eyezonly:20170124200444p:plain

グループ管理画面。ネットを介して登録メンバーそれぞれの水分補給状況を知ることが出来る。名前をタップすれば、過去のデータを見ることも可能。

f:id:eyezonly:20170124193642p:plain

火曜の昼飯は九州ラーメンうまかっちゃん鶏白湯とんこつ味。スマート水筒から550mlの水を注ぎこんだ。

f:id:eyezonly:20170124193631j:plain

スープ分550ml、一滴残さず飲んでこのありさま。本来のペースであるオレンジのゲージを大幅に超えるペースで水分を摂ったので、ペースを落とせと言われる。

左下は午前中の摂取量で、目標の98%、1063ml飲んだ事が分かる。

f:id:eyezonly:20170124193640p:plain

よく飲めたとか飲めていないとか、ペースを落とせといった通知も来るので、アプリをいちいち起動する必要はない。

f:id:eyezonly:20170125192829p:plain

日、週、月表示あれこれ。月表示はアイコンで飲んだ量がある程度分かるようになっているが、タップする事で具体的な数値も表示される。週と月表示では、一日の必要水分量を100%以上飲めばチェックマークがつくようになっている。

十日間でまともに目標達成できたのは2日しかない。水を飲むのは意外と大変だ…

f:id:eyezonly:20170125190845p:plain

これまで、マイプロフィールでは名前以外に変更できる項目がなかったのだが、最新のアップデートでやっとこさ運動の種類や汗の量などを随時変更出来るようになった。右がアップデート後の画面。朝には見当たらなかった項目が知らぬ間に増えていて驚いた…

f:id:eyezonly:20170125192050p:plain

水筒以外から水分を摂った場合や、スマートキャップの計測が不正確だった場合は手動で水量の増減が出来る。

f:id:eyezonly:20170126193107j:plain

修正は細かな数値を入れることも可能。スマートキャップに頼らず全部手動で管理しても良いのではと少し思ってしまったが、こまめに水を飲まなければならない事を考えると、手動では手間がかかりすぎる。やはり自動で軽量してくれるのはありがたい。

f:id:eyezonly:20170126193124j:plain

飲んだ水量の計測が正しく出来てなかったり、日によってBluetoothでの同期に不具合が出るなど問題が多いTRAGOのスマートキャップだが、アップデートでどんどん使い勝手が良くなることを期待したい。

ちなみに水をよく飲むようになったのが原因か、養命酒を飲むようになったからか、もしくはその両方が功を奏したのか不明だが、毎日胃薬を飲まなければやっていけない生活だったのがすっかり改善されて、ここ数日は胃薬なしでも胃腸が絶好調で嬉しい。

ただ、胃腸が具合悪くても食欲がなくても昼飯は弁当2つ分くらい食っていたので、これ以上胃の調子が良くなると食費と血糖値に大きな悪影響が出そうで、それはそれで困る。

養命酒は徳川家康が生きていた時代からあったらしい。家康も養命酒を飲んでいたらしいが、多分それで胃腸が元気になって調子乗って天ぷら食いすぎて死んだに違いない。

eyezonly.hatenablog.com