色々

色々やる所

我有时在公司做烤肉吃午饭

家で焼き肉をやると部屋中に油が飛ぶし、換気をしても壁だのカーテンだのに臭いが染みついてしまい、数日は焼肉の名残と共に過ごすことになる。店で食べると高くつくし、それよりなにより隣席から漂ってくるタバコの臭いが死ぬほどウザい。という事で、焼肉は職場で昼休憩中にやるのが常態化してきた。

f:id:eyezonly:20170715115556j:plain

G-Stove便利。ちなみに部品が壊れたので最近二台目を買った。

f:id:eyezonly:20170716174054j:plain

アルミ鋳物の「黒船」 Wテフロン加工でこびりつき無し。

f:id:eyezonly:20170715115623j:plain

凹凸がキツ過ぎて、一見すると肉に火が通りにくそうな形状だが、御覧の様にしっかりと焼ける。牛肉、うまし。

f:id:eyezonly:20170715115526j:plain

そういえば、最近スマートウォッチ?を買った。シャオミのmiband4という品物。以前からアップルウォッチが欲しかったのだが、サイズがデカいし値段も高い。買っても仕事中にどこかにぶつけてすぐに壊すだろうと思って手が出なかった。その点、このmiband4ってのは四千円ちょいだし、壊れてもすぐに替えが効きそうなので、ネットで見かけた時にすぐに注文した。この間出たばかりの新機種らしい。

f:id:eyezonly:20190908152212j:plain

誰かが勝手に作ったソフトを使うとオリジナルのテーマも作れる。

f:id:eyezonly:20190908152159j:plain

睡眠データが取れるというので、届いたその日に着用して寝たらこの結果。我ながらびっくり。最高スコアは100なのか? だとしたらなんとしてもあと1点追加させたい。

f:id:eyezonly:20190908152235p:plain

前の記事で、何の目的もなく中国語を始めたと言っていたが、日常になりすぎて忘れていた事がひとつあった。それは馬鹿なりにも頭の中に入っている脳みそ、それを死ぬまでに自分の限界まで使い切るという事。

二年前の1月1日、左手で字が書けるようになる事を目標にした。これで脳みその眠っている領域が僅かでも使われるだろうと思った。(知らんけど)

昨年の1月1日、左手で字を書く事と中国語の勉強を並行して進める事で、脳みその使ってない領域をさらに使う事が出来るはず、という妄想を抱いて、その日から今日まで中国語の勉強を続けている。

なぜ英語ではなく中国語を選んだのかというと、英語は全く分からんから。スピードラーニングをしばらく続けていた事があるが、全く分からなかった。あんなもんで英語が覚えられる人は、きっとどんな教材を使っても覚えられるに違いない。

我两只手都可能写到字。下のノートは全部左手で書いたもので、テキストの日本語を中国語に置き換える練習。さすがにイライラMAXで字を綺麗に書く余裕は無い。ちなみに箸も両手で使える様になった。

f:id:eyezonly:20191110140527j:plain

恥ずかしい話、自分は日本語の文法というものを知らない。名詞、動詞くらいは分かるが、それ以外は知らない。一応高校は卒業しているが、小学校から高2までの間は勉強が苦手で、殆どまともに授業を聞いていなかったので学力はヤバいくらいに低い。

という事で中国語のテキストを数冊買ったものの、そもそも日本語の文法が分かっていないのに中国語の文法解説を読んでも意味が理解できるわけもなく…

今年に入ってからは中国語の勉強(というかただの丸暗記)が苦痛に感じる事も増えた。

そんな中で1冊の本に出合った。それが写真の左側、中国語の語順を制す(著者:林松涛/王怡韡)という本で、この本を読んでやっと中国語のスタート地点に立てたと思う。

f:id:eyezonly:20191110143835j:plain

 現状、語順を制すと、あと2冊ほどの入門用テキストに出てきた表現の範囲内であれば、それを組み合わせてある程度自由に文章を組み立てられるようになってきた。それが本当につい最近の話。多分、盆休み明けくらい。

日本語の文法を理解している人なら数週間くらいで今の自分と同じくらいにはなれるんじゃないかと思う。本当に初歩の初歩。

来年の目標はもう決まっていて、リスニングとスピーキング?に重点を置いて学習する事。あとはもっと多くの表現を覚えて複雑な文章でも組み立てられるようになる事。

中国語の勉強は一生続けると思うが、最初に書いた通り、目的が脳みその使っていない部分を使いたいという所にあるので、もし中国語が今より上達したとしても、それを使って何かをするという事は今の所全く考えていない。

ここが何のブログなのか良くわからなくなってきたが、元々色々やる所としていたので、ブログタイトル通りといえばそうなのかもしれない…

eyezonly.hatenablog.com