色々

色々やる所

一年前の自分には負けたくない

お題「#この1年の変化」

仮想通貨は買って待つだけ。一日中、パソコンやスマホで値動きを見る人もいるけど、それは短期トレードか、趣味で値動きを追っているだけ。

俺の様に長期保有の場合、仮想通貨を買う意外にやる事はない。

でも、ただ爆上げを待つだけではつまらんので、俺は毎年目標を立てることにした。

一年目(二〇一八年)は「左で文字が書ける様になること」

これは半年で達成して、今では右手で書くよりも左の方が綺麗な字が書けるという意味不明な状態。

二年目(二〇一九年)は「中国語を覚える」

これはマジで苦しくて泣きそうになったことが何度もある。

大量にテキストを買い込んでも、全く意味がわからない。結局一年目にした事はテキストの丸暗記。

読み書きが出来りゃいいかと、その程度で一年やってみたものの、文法もわからずマジでただの丸暗記に終わった。

三年目(二〇二〇年)「中国語の勉強を一生続ける」

全くわからないまま終わるのもくやしいので、中国語の勉強を続けることにした。

「全然わからん!!苦しい!!もう辞めたい!!」

五月頃、馬鹿な自分に苛立ちを覚えて泣きそうになった。

大人しく語学学校かどこかに習いにいけばいいのに、頑なに独学の道を迷走する俺は懲りずに新しいテキストを買った。それが大当たりだった。

そのテキストは、主語だのなんだのといった文法の説明でなくて、イメージで中国語を解説していて、日本語の文法すらわからない自分にも割と簡単に理解することが出来た。

一ヶ月くらいかけてそのテキストの全ページを終わらせて、また最初から最後までやるというのを秋ぐらいまで続けた。

「読み書きだけ出来てももったいない。しゃべれる様になりたい」

ということで秋から音読のCDがついたテキストを買って今に至る。(音読ばっかりやって、覚えた単語も増えたけど、書く事をしなくなって忘れた漢字逆に多い……)

二〇二一年の目標「中国語の音読をひたすら続ける」

初級編の例文六十題あるうち、今のところ二十題は頭に入っていて、仕事中や買い物の道中にボソボソと暗唱している。(文字も書ける!)

一日一題覚えたらすぐに終わりそうだけど、他にやりたい事もあるし(自伝を書いている)、長続きしそうにないのでスローペースで進めているところ。

六十題全部覚えたら、中級編に進んで、それが終わったら上級編に進む、という計画。

一年の変化というか、毎年、毎日大きな変化があるから月日が過ぎるのがアホみたいに長く感じる。一年が二年以上に思えるくらい。

大人になったら一年過ぎるのが早く感じるというけど、毎日変化があったら子供の頃みたいに時間が長く感じるみたいやな。

ボケーっと仮想通貨の値上がりを待つだけでサーっと流れる様に月日が過ぎて、儲かってたらそりゃいいやろうけど、失敗したら何も残らず無駄な時間だけが過ぎていく。

でも、投資以外の目標を立ててそれを続けていけば、何かしら自分に残っていく。

投資が失敗しても、他に得るものがあれば痛くないやろ。

ボケーっとアホみたいに何もせんと時間を無駄に消費する様な事だけはしたくないな。

金はなくなってもまた働いて稼いだらいいけど、過ぎた時間は戻ってこない。

みんな平等に時間があるのに何にも手元になかったら、それは時間を無駄にしている以外にないんちゃいますかね。

忙しいからやりたいことが出来ないという言葉をよく聞くけど、そこに至る計画が間違ってるだけで、ただの言い訳にしか聞こえない。

本当にやりたいことがあるなら、ちょっとずつでもやる。それすらしないなら、それは本当にやりたい事じゃないのかもしれない。

やりたいことがない?それも言い訳かもしれない……

言い訳ばっかりで終わる人生にはしたくない。